入居前に確認しておくこと

物件内に入居前からある傷がついていないか

賃貸物件を利用するとき、借主は退去時に利用によって傷などが付けば元に戻さなければいけません。この時の基準は、通常の利用で付いた傷か故意や不注意で付いた傷かが問題になります。家具などを置いて自然に跡がついたりしたとき、これは通常の利用になります。一般的なスモーカーがタバコを吸って壁が汚れても、それも一般的な利用とされます。入居前にチェックしておきたいのは、住宅に傷がついていないかです。退去時にその部分の修理を求められた時、その理由が言えなければ故意や不注意と言われても言い返せなくなります。入るときにこの部分に傷があるのでその部分の原状回復は家主の責任で行ってくださいと伝えるようにします。写真などに撮っておくのも有効です。

契約書の特約部分を確認する

賃貸物件を利用するときは、賃貸借契約を結びます。その時には不動産業者の宅建資格者からの重要事項説明があります。一般的な契約の部分もあれば、この物件特有の特約と呼ばれる部分もあります。内容に納得できれば捺印をして契約が成立となります。この時に行いたいのは、特約があるかどうか、その特約が不利でないかどうかでしょう。鍵の交換の負担、原状回復費の負担などがあるかもしれませんが、入居者が必ず負担するとなっていればる不利になります。法律では明確に決まっていないものの、鍵の交換などは家主が負担するべきものでしょう。どうしてもいい物件だとその条件をのまないといけないかもしれませんが、気になる部分は変更できないかどうか交渉してみましょう。

室蘭の賃貸には多彩な間取りが存在するため、間取りを重視している人でもライフスタイルに合った物件が見つかります。